プログラマーの単価

プログラマーの単価、正社員よりフリーランスの方が高い理由

 

 

 

会社員とフリーランスの年収の差

 

会社員の人がフリーランスになったら、年収はどうなるでしょうか?

 

フリーランスって仕事を獲得しないといけないので、収入が安定しないって聞いたことありますよね?

 

その通りなんです。

 

会社員は会社に属している限り、会社に行くことでお金がもらえます。

 

仕事をしなければ会社から解雇される場合もあるので、単に会社に行くというだけでなく会社が求める役割を果たし貢献することで給料が支払われます。

 

とはいえ、すごくまとめていうならば、会社員は会社に行けばお金がもらえるのです。

 

反対に、フリーランスはどうかというと、家にいるだけでは収入は得られません。

 

仕事を受注し仕事を終わらせて納品し、その内容に満足してもらい支払いが発生したらようやく収入が得られます。

 

この中でも、「仕事を受注する」ということ、そして「仕事を終わらせること」の2つが必要です。

 

ところが、会社員であれば「仕事を受注する」ということをしなくていい人がほとんどです。

 

ほとんどの場合、会社が仕事を用意してくれるからです。

 

そして仮に仕事がないとしたら、それは会社の責任であるため、雇用された会社員には仕事があってもなくても給料が支払われるのです。

 

会社員は、会社が仕事を与えてくれるし、会社に行けばお金がもらえるということなのです。

 

反対に、フリーランスは仕事を受注しない限り収入はないわけで、それが最もたいへんなことなのです。

 

 

単純な収入で比較すればフリーランスは上

 

そういう会社員としてのメリットはありますが、会社では得意ではない仕事もやらされることになります。

 

そして、得意ではないのにやらされたあげくできないと、「能力がない」と言われることだってあります。

 

その結果減給されたり、最悪の場合解雇されることだってあるのです。

 

単純に月収を比較すると、仕事がちゃんと獲得できる前提で考えると、

 

それに対し、フリーランスは選ぼうとすれば自分のいやな仕事をする必要はありませんし、自分で仕事ができる限り解雇はされません。

 

それに、会社員よりフリーランスの方が多いと言えます。

 

それは、フリーランスはすべての収入は自分の収益になりますが、会社員はそうではないからです。

 

会社員は、会社の収入から必要経費を引き、さらに研究開発や将来への蓄えなどのお金を差し引き、残った分を経営者や社員の給料に割り当てます。

 

会社が会社として長く存在しないと、社員を雇い続けることはできません。

 

会社の成長のためにもお金を蓄えたり成長事業にお金を投資していくことが欠かせないからです。

 

ですから、会社の収益をそのまま社員に給料として支払えばいいというわけではないのです。

 

つまり、その分は自分の給料にはならないのです。

 

そのため、実際に会社が稼いでいるお金ほどには給料に反映されないことになるのです。

 

フリーランスになれば、収益はすべて自分のものにできるので、収入は増えるということなのです。

 

もちろん、フリーラスだって自分で勉強するなどの投資はしますし、将来に向けてのお金は必要です。

 

それでも会社に蓄えるようなほど大がかりな費用は不要なのです。

 

 

フリーランスはどのくらい収入は上がるか

 

フリーランスになると収入が増えるといっても、どのくらい上がるでしょうか?

 

フリーランスとしてどんな仕事を受けるかということによって収入は違いますので、一概にいくらということは言えませんが、

 

フリーランスに仕事を紹介するMidworksの例で見てみると、

 

正社員からMidworksでフリーランスになった場合(実務経験2年半)の方で、額面31万円が56万円と25万円も上昇する例があります。

 

また、フリーランスからMidworksで働くと、額面で70万円から85万円に上昇するのです。

 

スキルによって違いはありますので、誰もがこのようになるとは言えないのですが、こういったことが起こるのです。

 

特にフリーランスの人がMidworksで働くようになると、仕事の仕方には違いがないのに、収入が増えることになります。

 

なぜこうなるかといえば、

 

・Midworksが単価の高い案件を継続的に紹介してくれる
・案件がないときは、条件を満たせば※収入を保証してくれる

 

という2つの仕掛けのおかげなのです。

 

※スキルがMidworksの査定と一致する場合

 

 

マージンは10%〜15%で、単価は公開

 

Midworksに入ることによって、紹介料とも言えるマージンが引かれることになります。

 

Midworksが案件を開拓し、その案件のおかげで仕事ができ収入が発生しますので、そのための手数料ということですが、その割合は10%〜15%となっています。

 

10%〜15%というと、今の消費税の最大2倍ですね。

 

高いでしょうか?

 

継続的に仕事が入ることや、単価の高い案件が紹介されることを考えると、必ずしも高いとは言えません。

 

もちろん、自分で仕事を取ることができる人であれば、この仕組みに入ることで収入が減ってしまうのですが、

 

安定的に仕事を得られるメリットに魅力を感じる人にとっては、Midworksは決して悪くない仕組みと思います。

 

それとともに、クライアントの単価はすべて公開されていますので、Midworksが得るマージンはこの金額だけなのです。

 

言ってみれば、明朗会計ということです。

 

クライアントからの受注額を隠したのでは、そこにもマージンが取られてしまっているのではないかと疑念が入り込む可能性がありますが、そういうこともない極めてわかりやすいのです。

 

 

クラウドソーシングとの手数料の差はわずか

 

同じ仕事をランサーズやクラウドワークスで受注すればマージンがより少なくできると考える人もいると思います。

 

例えば、ランサーズやクラウドワークスではどうかといいますと、10万円以下の部分が20%、10万円〜20万円の部分が10%、20万円以上の部分は5%のマージンを取ります。

 

50万円の案件の例で考えてみましょう。

 

10万円以下の10万円分が20%で2万円、10万円から20万円までの10万円は10%で1万円、20万円から50万円までの30万円は5%の1万5千円となりますので、マージンの合計は4万5千円です。

 

一方Midworksでは、50万円に対して10%の場合で5万円、15%の場合で6万円となります。

 

最大で1万5千円の違いがありますが、Midworksでは保険料が折半であることや自己啓発の費用として月1万円の補助が出ることなどを考えると実はそれほど大きな差ではないことがわかります。

 

それに何より仕事が継続して得られることの方がメリットが高いのではないでしょうか?

 

仕事が継続するということは、仕事が取れなかったときに比べるとすぐに何10万円や100万円を超える差になってくるからです。

 

フリーランスの最大の弱点といえば、安定性がないことですから、仕事が継続して獲得できるのは心理的にも経済的にも大きなメリットでしょう。

 

 

「フリーランス(仕事が選べる)」×「正社員(仕事が途切れない)」×「スキルアップ(成長の機会がある)」、そんないいとこ取りの働き方ができる登録無料のMidworks
フリーランスエンジニアに安心保証(登録は無料)